低用量ピルであれば長期間飲み続けることもある避妊薬。副作用にどんなものがあるかきちんと認識した上での避妊薬の服用を心がけるようにして下さい。

  • 血栓症を回避する予防法

    ピルは避妊薬として使われることもありますが、避妊薬以外にも、色々な用途で使われることがあります。月経前症候群の緩和のためや子宮内膜症の治療のためなどに使われています。ピルにも副作用があり、その中のひとつに血栓症があります…

    Continue Reading ...