低用量ピルであれば長期間飲み続けることもある避妊薬。副作用にどんなものがあるかきちんと認識した上での避妊薬の服用を心がけるようにして下さい。

血栓症を回避する予防法

ピルは避妊薬として使われることもありますが、避妊薬以外にも、色々な用途で使われることがあります。月経前症候群の緩和のためや子宮内膜症の治療のためなどに使われています。ピルにも副作用があり、その中のひとつに血栓症があります。血栓症を回避する予防法を知っておくようにすると、とても役にたつでしょう。
食事はとても大切です。和食を出来るだけとるようにしましょう。納豆などは血栓を溶かしてくれますし、味噌汁は血液をきれいにしてくれます。ビタミンが豊富な玄米もよいですし、わかめや昆布なども良いでしょう。これらの和食をしっかりと食べるようにすることが、とても大切です。
また、甘いものやカロリーの高いお菓子は控えるようにします。食事の量を増やさないように気をつけて、体重を保っていくことが大切です。太ってしまうと、血管に負担がかかって血栓が出来てしまう可能性が高くなります。
適度に身体を動かすことは、とても大切です。もちろん、病気などでの症状がある場合は安静にしていることが大切ですが、それ以外の場合は、適度に身体を動かすようにしましょう。血行を良くすることはとても大切です。血行が良くなれば、血栓も予防することが出来るためです。ウォーキングや軽いジョギング、ストレッチなどで身体を動かし、血行を良くするようにしましょう。
水分をとることもとても大切です。水分の中でも、烏龍茶などがよいです。コーヒーや紅茶は利尿作用があるので、逆に水分不足になりやすくなります。注意するようにしましょう。お酒も控えるようにすることが大切です。その他、タバコも血栓症を回避するためにはやめた方がよいです。血栓症の発症のリスクが高くなってしまいます。禁煙するようにしましょう。
避妊薬としても使われるピルを飲んでいる場合、血栓症を回避する予防法を知っておくことはとても大切です。