低用量ピルであれば長期間飲み続けることもある避妊薬。副作用にどんなものがあるかきちんと認識した上での避妊薬の服用を心がけるようにして下さい。

アフターピルよりも副作用が軽い低用量避妊薬

避妊薬には避妊に作用する効果を持っているものの副作用が出てしまうデメリットがありますが、このデメリットを改善したものが低用量避妊薬となります。
悪心や不正性器出血をはじめ血栓症や心筋梗塞といった副作用がありますが、低用量避妊薬ではこのような副作用が軽減され安心して利用できるようになっています。
また避妊薬には乳がんや子宮がんなど子宮にかかわる病気になりやすい問題がありますが、乳がんに関してもリスクが少なくなっています。
副作用が起こる理由は避妊のための仕組みが影響していますが、妊娠と同じ状況を作り出すためつわりが起こることも知られていますが、低用量避妊薬ではアフターピルよりも副作用が軽減されています。
低用量避妊薬は正しく使用すれば確実に避妊することができますし。
服用を止めれば妊娠できる体に戻れますので、安全で確実な避妊方法となります。
毎日同じ時間に継続して飲む必要がありますので、忘れずに続けることが大切です。
薬には種類がありそれぞれに飲み方が異なりますが、正しく使用しなければ効果を発揮できないため注意が必要です。
低用量避妊薬には全ての錠剤に同じ量のホルモンが入っているものと、二段階、三段階でホルモン量を調整しているものがあります。
一相性から三相性となりますが、どれも同じ効果を発揮できる性質があります。
しかし一相性を除けば順番通りに飲まなければ効果を発揮できませんので注意が必要です。
錠剤の量によって21日用と28日用がありますが、正しく飲める人は21日用が良いですが飲み忘れてしまう人は28日用が適しています。
避妊薬は確実に避妊できる効果がありますが、飲み忘れなど正しく飲まなければ効果を発揮できない性質があります。