避妊薬の副作用

低用量ピルであれば長期間飲み続けることもある避妊薬。副作用にどんなものがあるかきちんと認識した上での避妊薬の服用を心がけるようにして下さい。

Breaking News

避妊薬の副作用を怖がり過ぎないこと

避妊薬としてよく知られているのがピルですが、これには強い副作用があるというイメージを持つ方は少なくないでしょう。そのイメージのせいで婦人科などで服用を勧められても拒否をする方もいるほどです。
では、実際、本当に怖がらなければいけないほど強い副作用があるのでしょうか。
結論から言えば、薬ですのでもちろん副作用はあります。しかし、それはどのような薬でも持つものであり、過剰なまでに怖がる必要はないといえます。
一般的な避妊薬の副作用には、吐き気や乳房の張り、頭痛などがあります。症状には個人差があるので、他にもだるさやむくみといった症状を訴える方もいます。
この症状になにかピンと来る方もいるのではないでしょうか。
女性の多くは生理前に多少の不調を感じた経験があるはずです。
昨今は生理前月経症候群いわゆるPMSとして広く知られるようになりましたが、避妊薬の副作用はそうした時の不調によく似ているはずです。
それも当然のことで、避妊薬は服用することでホルモン環境の変化が起こります。
生理前の不調もホルモン環境の変化によるところが大きいですので、似たようなことが体の中で起これば似たような症状が引き起こされても当然と言えるでしょう。
避妊薬の副作用の原因は、マイナートラブルと呼ばれるこうしたホルモン環境の変化が最も大きいのです。
ただし、生理前の不調と違って避妊薬は飲みつづけることでホルモン環境が安定していくので、次第に副作用を感じる頻度は減っていくと考えられます。
このようなことを知っていれば、避妊薬の副作用をそれほど怖がる必要がないことが分かるはずです。
ただマイナートラブル以外の副作用もありますので、服用から2~3ヶ月が過ぎても症状が改善されない場合は、医師に相談することが重要です。